コラム

column

シーリング工事ってどんなもの?防水工事との違いも解説!

こんにちは! 三重県松阪市にて、外壁塗装など各種塗装工事や防水工事・リフォーム工事を手掛けております、永戸塗装です。
皆様は、シーリング工事についてご存じでしょうか?
防水工事とセットで語られることの多いシーリング工事ですが、具体的にどのような工事を指しているのか分からないという方もいらっしゃると存じます。
そこで今回は、シーリング工事について解説いたします!

シーリング工事とは

シーリングが必要な目地
外壁のボードとボードの間には隙間がございます。
子の隙間を放っておくとそこから雨水などが侵入してしまうため、それをシーリング材で埋める工事のことを、シーリング工事といいます。
シーリング工事は前述のように水の侵入を防ぐために行われますが、建物の耐震性を高めるうえでも重要です。
シーリング材は防水性の他にも伸縮性があり、伸縮性によって地震による外壁のひび割れなどから建物を守ることができるのです。
ただ、シーリング材は一度工事行えばそのままずっと持つものではありません。
紫外線を受けることで徐々に劣化が進むため、シーリング工事を行ってから5年を過ぎたあたりで少しずつシーリング材の劣化が進んでいきます。
劣化したシーリングは防水性・伸縮性を失うため、シーリングが痩せていたり、シーリングの割れが起こっていたりした場合はすぐに専門業者に相談しましょう。

シーリング工事と防水工事の違い

冒頭で触れたようにシーリング工事とセットで語られやすいのが防水工事です。
この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?
一口に防水工事といってもその方法はさまざまです。
シーリング工事を行う目的には防水処理もあるため、防水工事という名目でシーリング工事を行うこともあります。
いわばシーリング工事もまた防水工事のひとつなのです。

シーリング工事もお任せください!

シーリング工事もお任せください
弊社では防水工事に加えシーリング工事にも対応しております。
塗装業者として経験を重ねてきた弊社ならではの技術を生かし、皆様に安心の暮らしをお届けしてまいります。
事前のご相談やお見積もりは無料で承りますので、まずはお気軽にお電話ください。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。
最後までご覧いただきましてありがとうございました。