BLOG

台風によって起こる防水トラブルとは?

シーズン真っ只中のため、いつ発生してもおかしくない台風。
今回は、その台風が起因となる防水トラブルについて執筆いたします。

台風による被害例

集合住宅の屋上防水

・設置物が転倒して防水層が傷つく
・風圧によって防水材が剥がれる
・ドレン廻りに落ち葉やゴミが詰まって水はけが悪くなる

マンションなどの建物は、高くなればなるほど風の影響を受けやすくなるため、上記のような防水トラブルが発生しやすくなるといわれております。

 

また、集合住宅に限らずどのような建物にもあるサッシ周辺の雨漏りにも要注意です。
外壁がひび割れていないか、窓近くの屋根が飛散・破損していないかなどを十分に確認するようにしましょう。

次の台風に備えて防水工事を!

長年メンテナンスを行なっていない場合は、防水機能が劣化している恐れがございます。
台風前に適切な防水工事・シーリング工事を行ない、安心して過ごせる状態にしておきましょう。

 

施工については三重県松阪市の塗装・リフォーム業者『永戸塗装』をぜひご用命ください!
雨漏り修理が必要な場合も、丁寧かつ適切な処置を行ないますのでご安心を。

 

お問い合わ
塗装工事の見積もりは三重県松阪市の業者『永戸塗装』へ
永戸塗装
〒515-0078
三重県松阪市春日町3-109
TEL:090-7850-3167 FAX:0598-21-6075

関連記事一覧